不動産の相続を行政書士に依頼

不動産を亡くなった方から相続することとなった場合、様々な相続に関する手続きが必要となってくることかと思います。
相続に関しての手続きにおいて、自分自身で行うことができるものやまた専門家の方に依頼しないと専門的な知識などを必要とするため自分自身で行うことが難しいものなどもありますよね。
そういった場合にはどういった専門家の方に依頼すればよいのでしょうか。

税理士、行政書士、司法書士といった専門家の方がいらっしゃいますが、相続に関してはどの専門家に依頼すればよいのでしょうか。
素人目からするとどの専門家の方も同じ分野の専門家であるようなイメージがあることかと思います。
ですので誰に依頼していいか悩むんですよね。
確かに似ている部分はありますが細かい仕事内容でいえばしっかりと異なってくるんですね。

例えば行政書士の方に依頼するとします。
行政書士とは行政書士法という法律に基づいた国家資格であり、行政書士が行う仕事の内容として、官公庁に提出する書類及び権利義務・事実証明に関する書類の作成、提出手続き、行政書士が作成した官公署提出書類に関する行政不服申し立て手続き等の代理、作成に伴う相談などに応ずるといったものがあります。
独占業務としては官公署に提出する書類その他権利義務または事実証明に関する書類を作成することとなっていますので、実は相続関係に関しては少し分野が異なるんですね。

では誰に依頼するのが一番かといいますと、それは相続の手続きの内容によります。
相続税に関することであれば税理士の方になりますし、相続登記に関する手続きに関しては司法書士の方になります。
だけどすべてに関してまとめて相続に関することを依頼したいという場合には税理士と司法書士の両方に依頼しなくてはいけないのでしょうか。
そういった場合には依頼する際に専門家ごとに選ぶというのではなく、事務所で選ぶという方法があります。
特に相続に関して特化した事務所に依頼することで事務所に所属する専門家に振り分けてもらうことができます。