不動産の相続登記、ここをおさえて

相続

・不動産相続はややこしいらしい
遺産相続をするときには様々な財産が対象となり、そのすべてを把握することは難しいと思いますが、できるだけスムーズに遺産相続を進めていくためにも情報収集をしておいて損はありません。
現金や預貯金、株式のように比較的早く形にしやすいものであれば分割もそれほど難しくありませんし、トラブルになることもないのですが、不動産関連の財産がある家庭も多いと思いますので、そこがトラブルの原因になる可能性が考えられます。
不動産関連のトラブルにならないためには、まず正しい評価をしていくことが重要で、それぞれの評価方法をしっかり理解しなければなりません。
すべての評価方法を知る必要はありませんから、せめて相続の対象となっているものに関してだけはどういう評価をするのか知っておいてください。
不動産相続をするときには専門家を交えて進めるのが好ましく、評価方法についても教えてくれますし、第三者的な立ち位置から評価してくれるので相続人間でトラブルに発展するのを回避できます。
同じ土地でも貸家建付地と宅地では評価が違ってきますし、農地の様に農業委員会が関わってくるややこしいものもありますので、スムーズな相続ができるように専門家に入ってもらうのがおすすめです。

・相続登記の流れを知っておこう
そして不動産相続をする場合、特に意識しておかなければいけないのが相続税で、これは遺産相続するときにかかってくる税のことです。
相続税は現在3,000万円+(600万円×法定相続人の数)で基礎控除額を計算することができますから、まずは基礎控除額がいくらになるのか明確にしたあとで相続税の対象になっているかを確認してください。
仮に配偶者と子供4人が法定相続人となる場合、3,000万円+(600万円×5)で計算できますから、基礎控除額は6,000万円になります。
したがって相続する財産の総額が8,000万円だとすると、そこから基礎控除額の6,000万円を引きますから、残りの2,000万円が相続税の対象になる部分です。
そして相続登記の際に流れについても把握しておく必要があり、これはまず遺産分割協議をするために財産調査と相続人調査を行い、これらを確定させます。
遺産分割協議で決まったことを遺産分割協議書にまとめて、その後各相続人が相続登記の手続きに入ります。
相続税の計算はその際にやっておき、相続税の申告も済ませてしまうといいでしょう。