不動産相続は自分でやれる?

相続

・不動産の相続
相続財産としてすぐに思い浮かぶものは故人の現金や預金かもしれませんが、不動産も故人の遺産として相続人へと引き継がれます。
この不動産相続の手続きは自分でやれるのか、遺産に不動産が混ざっていると不安になりますよね。
もちろん専門家に相談や依頼をすれば確実に相続ができるものの、そうなるとお金もかかります。
できれば自分で手続きしたい方など、不動産相続も同じように自分でやりたい方も多いでしょう。

不動産相続のときに必要になるのは相続登記です。
あまり聞きなれない手続きとなりますが、これは専門知識がないとできないものではありません。
登記とは法務局で行う一種の登録手続きで、その不動産の所有者情報を登録する手続きです。
不動産はそれを購入したり、相続などで受け継いだりした方のものだと思えますが、実際にはその不動産の登記情報に書かれている所有者が正式な所有者とみなされます。
そのため不動産を新しく購入や相続などしたらこの登記を済ませて自分の名前を所有者として載せておかないといけません。

・相続登記は自分でできる?
不動産相続にあたって必要になる相続登記ですが、自分でやることも可能です。
手続きをする場所は法務局という特殊な役場になります。
こちらで登記の手続きを行えます。
基本的な手続き内容は書類の提出となりますから、実際に法務局で手続きするときよりも書類の準備の方に時間がかかることが多いかもしれません。

必要な書類はまず登記申請書です。
新しく登記したいという申請のための書類ですね。
次に新しく登記しようとしている不動産に関する登記事項証明書です。
これは法務局で申請すれば手に入ります。
次に被相続人の住民票の除票と、出生から死亡までを辿れる戸籍謄本。
亡くなった方に関する公的書類です。

次に相続人に関する書類として、全員分の戸籍謄本と印鑑証明書。
次に遺産分割協議書か、もしくは遺言書。
そしてその不動産を相続する方個人の住民票と、その不動産の固定資産評価証明書です。
非常に多くの書類が必要になり、慣れていないと難しい場合もあるでしょうが、これら書類を全部揃えて申請すれば自分で相続登記ができます。

・専門家への依頼も可能
不動産相続を自分でやるのが難しいと思ったら遠慮なく専門家の力を借りるといいです。
相続登記の専門家は司法書士が一般的ですが、これら相続関係の手続きを一括で引き受けている税理士などでも依頼できることがあります。
自分でやるのは難しいと思ったら専門家へ不動産相続の相談をするといいでしょう。