不動産の相続を甥姪が行う場合

家族の方が亡くなった場合にはその家族の方から遺産を相続することになることかと思いますが、親族の方が亡くなった場合も同様です。
親族の方が亡くなった、例えばおじさん、おばさんにあたる方が亡くなった場合遺産を相続することになるケースはあるのでしょうか。

基本的には甥や姪に関しては直接の相続人ではありません。
甥や姪ということは被相続人、つまり亡くなった方の兄弟の子供ということになります。
ですので基本的には相続人にはなりえないんですね。
相続人としてあげられるのは被相続人の配偶者、子供、それからまた両親等の直系尊属、そして兄弟姉妹となります。
ですから甥姪は相続人ではないということになります。
ですから被相続人の配偶者、子供、両親等の直系尊属、兄弟姉妹が生きていらっしゃるのであれば、甥や姪は相続するということはなくなります。

ですが代襲相続として相続をすることになる可能性もあります。
甥や姪の方の両親が被相続人が亡くなるよりも先に、すでにお亡くなりになられているというケースでは代襲相続として甥や姪の方が相続することになるケースが考えられます。
相続人としてあげられる人物の中に被相続人の兄弟姉妹があげられますよね。
その際の兄弟姉妹である甥姪の父母の方が先に亡くなられていないという場合では代襲相続で子供である甥姪の方が相続人になるというケースがあるのです。

甥姪の父母、つまり被相続人の兄弟姉妹である方がご存命であるというようなケースでは、甥姪の方については相続人にはなりませんし相続は発生しないのですが、サポートをしてあげることが大切かと思います。
相続に関しては様々なトラブルに巻き込まれてしまうケースも考えられますし、また相続に関する手続きに対しても面倒なことが多くあります。
例えば不動産の相続をすることになった際には登記手続きなども必要になってきます。
ご家族のサポートも必要になるかと思いますので、サポートをしてあげるようにするべきだと思います。